審美歯科での医療費控除の申告をする

どんなに気をつけて丁寧に歯磨きをしていても、歯石や着色汚れは避けられません。歯石は、通常の歯医者での治療対象となりますが、着色してしまった歯をホワイトニング剤を用いて白くする審美治療はその限りではありません。審美歯科治療は、自由診療であり、保険の適用外です。したがって、治療費が高額となる場合がほどんとです。そこでぜひ受けて欲しいのが医療費控除です。その年の1月1日から12月31日までに10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受ける事が出来る制度です。申告をし忘れた場合でも5年前までさかのぼって医療費控除を受ける事が出来ます。対象となるのは、検査料や診断料など審美治療に掛った費用と、通院のために利用したバスや電車などの公共交通機関の交通費やバスや電車が利用困難な場合のタクシー代です。自家用車のガソリン代はその対象にはなりません。申告の際には、医療機関から受け取った領収書、通院の際に掛った交通費や費用の領収書など金額を証明する物が必要となるので、大切に保管しておきます。